自転車で青梅散策しています。

青梅市を中心にRCS6とESCAPE RX3で散策しております。

RSS FEED

« »

青梅・奥多摩ルート411ライド参加報告

イベント グルメ 近況報告

5/18に、当サイトでも告知しました『青梅・奥多摩ルート411ライド』第1回大会に参加して参りました。

参加コースは青梅市役所~JR青梅線 古里(こり)駅間の往復、合計約30kmとなります。

うちはAグループということで当日8時に市役所にて受付、9時より随時スタートという感じでした。

このイベントでは奥多摩のレンタルサイクルを用意し、
MTBや電動アシストサイクル、さらにヘルメットの貸し出しも行われておりました。
ボランティアスタッフの方も何人か借りていたようですw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は記録会やレースではないのでRCS6はお休みし、
通勤号(ESCAPE RX3)で参加して参りました。
写真を撮りたかったので頻繁に停車すると思われ、
ビンディングは却って邪魔になるんじゃないかなということで。

以下、開会式からルート上の風景をパシャパシャと撮り貯めてきました。

ルート途中では給水所も2箇所用意され、水分のみならず
チョコや青梅せんべいも頂けるサービスっぷり(*´Д`*)

折り返し地点の古里(こり)駅では寄合所が開放され、
屋内での休憩もOK!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

復路ではこのまま帰るのも勿体無かったので、
気になっていた地元の喫茶店『ウォールナット』でアイスコーヒーなど喫しましてw、
無事ゴールとなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とにかくイベント趣旨が
・自転車で青梅街道を走って青梅・奥多摩を満喫する!
みたいな感じでしたので、『走る!』という感じよりも
『楽しむ!』というスタンスで臨まれたほうが正解な雰囲気でしたね~。

かくいううちも30kmを3時間かけて走りましたので、
かなり楽しませて頂いたと思います。

また、ただの偶然かもしれないんですが、
普段はよく通る10tダンプに1台も会わなかった気がします。
迂回協力してもらっていたんですかね?
また、背中のゼッケンのおかげか、普段走っている時よりも
自動車が気を使って走ってくれている印象でした。
上記の2点のおかげでかなり快適に走れました。

が、いい点ばかりではなく、気になった点もいくつか。
・車検がなかった
・日本人しかいなかった
・ルート沿いのお店への誘導策(チケットとか?)が欲しかった
などがその点です。

まず車検ですが、持ち込みの車両の使用を許可していることもあり、
未然に事故を防ぐ手段として、必須として頂きたい項目です。
簡易保険と併せて、「安心を買う」意味でご用意頂ければと。

2点目に関してですが、青梅は横田基地が近いこともあり、普段でも外国人ライダーがけっこうな数を占めています。
体感的には2割近くが外国の方だと思います。
にも拘わらずイベントの参加者に外国の方の姿がなかったので、
これはプレスリリースの方法や時期に再考の余地がある気がします。

3点目ですが、うちは元々気になっていた喫茶店があって丁度いい機会だったので寄ったんですが、
予備知識がないとなかなか「お店に寄る」という行為も難しいなと感じております。
開会式前に渡された店舗地図に、さらっとお店紹介などがあると
参加者としても「お!」とかって興味を持てるのでは?と思いました。
主催が商工会議所なので、商工会にお金が落ちないとイベントの継続自体が難しいと思いますので、
各店舗への誘致策についても今後の改善を望みたいところです。
オリエンテーション風に何店舗か回る「ルール」を作っちゃうとかですかね。
その代わりに多少割引が効いたり、サービスがあったりとかで相殺で。

今回は参加費無料で開催された今イベントですが、
上記のようなことを考えますと、しっかりとした運営を支えるためにも
多少のエントリーフィー徴収は致し方ないのでは、思う次第であります。
恐らく参加する人としない人の差は、金額じゃない気がします。

ま、第1回大会ということで、主催はモチロン、運営も、
更には参加者も手探りな感じのするイベントでしたが、
ノウハウを蓄積していくことでよりよいイベントに成長してもらえるのではと
期待すること吝かでない感じですヽ(´ー`)ノ

総論:受付お姉さんズがスゲーかわいかったです(*´Д`*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »