自転車で青梅散策しています。

青梅市を中心にRCS6とESCAPE RX3で散策しております。

RSS FEED

« »

ESCAPE RX3 コンポ組み付け その2

作業レポート

コンポーネントの組み付けが完了した通勤号(ESCAPE RX3)。
今回はブレーキケーブルの引き回しをしたいと思います。
まずは完成品(RCS6)の状態を確認します。
お手本があると超助かりますね~(*´ω`)

とはいえ…
RCS6のSTIレバー
RCS6STIレバー下から
RCS6STIレバー下から
ブラケットをめくってみてもイマイチどこがどうなっているわかりづらいですねorz
ま、まあ、なんとかなるかな…。

まずはインナーケーブルにチェーンルブをタップリと浸み込ませます。
これをやっておくと動作感とケーブルの寿命が結構変わるらしいです。

で、とりあえずリヤブレーキのケーブルからかかってみます。
リヤブレーキは左STIの内側に差し込むようです。
リヤブレーキアウターワイヤー取り付け
こんな感じかな…。
ブレーキワイヤーのドラムがセットされたので、これで大丈夫なのではと(´・ω・`)

次にアウターケーブルを適当な長さにカットして差し込みます。
シフターアウターワイヤーカット
ワイヤーカッターでカットしたんですが、やっぱり潰れますね。
でも反対側からワイヤーを差し込んで突き抜くと貫通しますので、
あまり気にしなくても大丈夫そうです。

シフターアウターワイヤーエンドキャップ取り付け
エンドキャップを差し込めば準備完了。

で、Vブレーキのステー部分に、レバー比変更用のローラーを組み付けます。
ブレーキローラー
センターがズレたローラーに沿わせてケーブルを通し、チューブガイドの代わりに取り付けます。
リリースした状態ではローラーの半径が最小の位置になるようにしておきます。
ブレーキが引かれるとケーブルと共にローラーが回り、
半径が広がってケーブルの引きシロが広がるというパーツです。

それから前回書き忘れたんですが、レバー比が下がるのに合わせ、ブレーキアームの取り付け方法を若干変更しました。
ブレーキ台座取り付け位置
ちょっとわかりづらいんですが、土台に空いている3つの固定穴のうち、一番上にアームの突起を差し込んでいます。
(標準状態では真ん中の穴に刺さっていると思います)
こうすることでブレーキのバネの張力を最大にすることができますので、
小さいレバー比でもしっかりとした引き心地を得ることができるかな~と。

同様にフロント側も。
RDワイヤー取り付け2
RDアウターワイヤー取り付け

とりあえずこれでブレーキワイヤーの引き回しは完了のようです。
次回はシフトワイヤーの引き回しにかかりたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »