自転車で青梅散策しています。

青梅市を中心にRCS6とESCAPE RX3で散策しております。

RSS FEED

« »

輪行準備♪

作業レポート

今週から溜まっていた夏季休暇を消化していく予定です(*´ω`*)
まずは第一弾イベントとして
9/6辺りに鎌倉・江ノ島・茅ヶ崎・小田原近辺に輪行してこようかと。

某ア○ヒでバーテープと一緒に輪行セットを注文しまして、
そちらの使い方を確認してみました。
あ、ちなみに○サヒにも「輪行セット」という品はありません。
自分で見繕ったセットですw

注文したのは下記の品。
・Pochitt輪行袋(縦置き型)ショートベルト×3・ロングベルト×1・チェーンフック×1付
・Ostrichフロントエンド金具
・Ostrichリヤエンド金具
・Pochittフレームカバー
・Pochittチェーンカバー
輪行グッズ

輪行グッズはOstrichで統一してAmazonで買ってもよかったんですが、
支払が振込みかコンビニ決済じゃないと都合が悪い
(カード決済はかみさんに金額がバレるwwwwww)ので、
微妙に使いづらいんですよね~(´・ω・`)
マーケットプレイスの品が混ざるとカードオンリーになるじゃないですか、Amazonて。
広告貼っといて何ですけど(´・ω・`)

で、これらに車載用に使っていたOstrichのスプロケットカバーを足し、
モンベルのフロントバッグに収めてみました。
このフロントバッグもかなりお気に入りなんですが、
こちらの紹介はまた改めてそのうち。

RCS6輪行直前近影
RCS6輪行モード(*´ω`*)

TIOGAの後輪を付けたまま収納できる袋も気になったんですが、
「JRで怒られた」という日記をどこかで読みまして尻込みしましたw

で、収納テストです。
一応当日をシミュレートし、午後1時半~3時まで36℃の中を40kmほど走ってからテスト…
と思ったら、帰宅した時点で既に吐きそうなんですけど(´・ω・`)
近場回りと思って水分摂らな過ぎたorz
という訳で「冷梅」を1本飲んで日蔭でクールダウンしてから作業開始。

まずはライトやサイコンの小物類を外した後、
車体をひっくり返して前後輪とも外します。
フロントはアウター、リヤはトップに入れておきます。
クランクはシートポストと平行に止めます。
車輪外し

エンドにそれぞれ治具(金具)を取り付けます。
リヤエンド金具はチェーンステーとほぼ平行でいいそうです。
リヤエンド金具

フロントはフォークがカーボンなので「割れ」が怖いので一応。
(写真なし)

またチェーンフックのゴムをブレーキシューに引っ掛け、フックでチェーンを引っ張ります。
チェーンフック

チェーンを固定したらチェーンカバーを被せます。
チェーンカバー

車体を起こし、リヤエンド金具とサドルの背で立たせます。
サドルの傷が気になる方は何か敷いておくか、輪行袋の上に立てたほうが良さそうです。
というか、この時点で輪行袋の上に立てちゃえばいいんだと写真を見ながら気づきました。
P9010017s

続いてホイールと干渉しそうなフレーム部分にカバーを巻きます。
シートステーとチェーンステーにも巻きたいけど、そこまでやるとやり過ぎですかね…。
で、スプロケットにカバーをした上でフレームにホイールを立て掛けます。
P9010018s

その上でホイールとフレームをショートベルトで3か所固定します。
フレームを一巻きしておくとズレにくいそうです。
ショートベルト1
ショートベルト2
ショートベルト3

フレームのBB部分にロングベルトを巻きます。
ロングベルトは背負うためのベルトです。
ロングベルト

袋の底面を露出させ、その上に車体を置きます。
Pochittの袋底面にはリヤエンド金具の位置がプリントされていますので、
それを参考に置きます。
輪行袋

袋を引き上げて車体に被せます。
同時に袋のスリットにロングベルトを通して外に出します。
ロングベルトをヘッドチューブに固定し、袋の口を絞って収納完了。
収納完了

途中工程の写真の通り、フロントバッグとトップチューブバッグ、シートポストのドリンクホルダーは
取り付けたまま収納できました。
運用してみて問題が出るようなら取り外すか考えてみます。

ホイールを固定するときの締め込みの強さに迷って何度か調整したりしましたので、
30分ほどかかりましたかね。

青梅駅まで走っちゃおうと思うので、
金曜日までに一旦袋から出して組み立てておかないとですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »